So-net無料ブログ作成

前田日明氏の出馬取りやめに(産経新聞)

郵政改革、24日に骨格発表へ=原口総務相らと詰めの協議−亀井担当相(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相は23日夕、金融庁内で原口一博総務相、斎藤次郎日本郵政社長らと会談し、鳩山政権が進める郵政事業の見直しについて詰めの協議を行った。焦点となっている日本郵政グループに対する政府の出資比率や、現在1000万円となっている郵便貯金の預入限度額の引き上げを盛り込んだ郵政見直しの骨格について、亀井氏が24日午前に発表することを確認した。
 亀井氏は会談後、記者団に対し「(日本郵政グループの)非正規社員の正社員化や全国一律サービスの提供などに伴うコスト負担に耐える経営について頭に入った。そういうことを含めて決断する」などと語った。
 日本郵政グループは現在の5社体制を3社体制に再編する方向が固まっている。現在、グループ親会社に対する政府出資については、経営上の重要事項に拒否権を持つ「3分の1超」と人事権を握る「2分の1超」の両案に絞られている。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

核密約資料、後任に引き継ぎ=衆院外務委の参考人質疑で東郷氏(時事通信)
大学生の生活費、8年前より3割ダウン 年62万円…食費、光熱費を切り詰め(産経新聞)
<連合>554組合すべて賃金カーブ維持(毎日新聞)
降圧配合剤レザルタス、売り上げ目標500億円―第一三共(医療介護CBニュース)
オウム分派「松本死刑囚の影響下」公安庁警戒(読売新聞)

首相動静(3月20日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時24分、公邸発。同28分、東京・霞が関の地下鉄霞ケ関駅着。地下鉄サリン事件の犠牲者を悼み献花、記帳。中山義活首相補佐官同行。同34分、同駅発。
 午前8時54分、東京・南大井の介護老人保健施設「ケアセンター南大井」着。視察。中山首相補佐官、松原仁民主党衆院議員同行。
 午前10時4分、同所発。
 午前10時33分、東京・小山の小規模多機能型居宅介護施設「小山倶楽部、グループホーム小山」着。視察。中山首相補佐官、松原民主党衆院議員同行。
 午前11時32分から同36分まで、同施設内で報道各社のインタビュー。「23日に普天間移設の原案をとりまとめるとのことだが、総理の意思はどこまで反映されたものになるか」に「当然自分の意思は最終的に国民に示すことになるが、まだその時期ではない」。同38分、同所発。午後0時16分、東京・有明のパナソニックセンター東京着。同施設内で開催中の「まるごと北海道逸品展」を見学。買い物。
 午後0時49分から同53分まで、同施設内の特別応接室で、バンクーバー冬季パラリンピックのアルペンスキー男子で金メダルを獲得した狩野亮選手を電話で祝福。同55分、同所発。同1時14分、公邸着。
 午後2時22分、軍事アナリストの小川和久氏が入った。
 午後4時10分、小川氏が出た。
 21日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

女子高生、自宅の敷地内で巡査部長に襲われる(読売新聞)
鳩山首相、政権半年「自分の意思、強く示したい」(産経新聞)
<名誉棄損>ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断(毎日新聞)
米兵の女「基地内で飲酒」=3人負傷の追突事故−沖縄県警(時事通信)
<放火>暴力団幹部に無罪判決 奈良地裁「証明不十分」(毎日新聞)

小沢幹事長、鳩山邦夫氏との協同考えず(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は15日の記者会見で、鳩山邦夫元総務相が自民党を離党したことについて「ほう、そう。初めて聞いたのでびっくりした」と驚いた表情を見せた。

 ただ、鳩山邦夫氏と民主党との連携については「ご自身の信念に従っての行動だろうと思うが、党の実務を預かる者としては、だからといって、協同して何かという考えはまったく持っていない」と否定した。

【関連記事】
民主党本部の引っ越し断念 資金は選挙へ…フロア拡充で落着
官邸内に軋み、首相と平野氏「消えた意思疎通」鳩山政権半年
鳩山首相「弟は弟だ」 連携の考えなし
鳩山邦夫氏が離党届 園田氏は役職辞任へ
鳩山邦夫氏、GW前の新党結成を表明
20年後、日本はありますか?

公邸入居費を修正、官房長官「隠した訳ではない」(読売新聞)
殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件(産経新聞)
08年度は1億4900万円黒字=解散方針の駐車場整備機構−国交相(時事通信)
夫婦別姓で民主紛糾 性急な法案提出に慎重意見も(産経新聞)
<厚労省>グループホーム防火体制の徹底、全自治体に通知(毎日新聞)

自衛隊移転も検討=普天間、ホワイトビーチ沖案で−官房長官(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、平野博文官房長官が、米軍ホワイトビーチ(うるま市)がある勝連半島の沖合を埋め立てて代替施設を建設し、航空自衛隊那覇基地(那覇市)の自衛隊機能を併せて移転する案も選択肢の一つとする考えを、民主党沖縄県連側に伝えていたことが15日、分かった。
 平野長官は10日に同県連代表の喜納昌吉参院議員と首相官邸で会談した際、この案について、地元自治体や漁業協同組合が反対していないことを挙げて「持っていきやすい」と指摘。自衛隊移転に関しても「県民が喜ぶのではないか」と述べた上で、「一番いい」と語った。
 一方、下地島空港(宮古島市)への移設案については「米国が反対しているし、中国を刺激しては困る」と難色を示し、伊江島(伊江村)の米軍補助飛行場を活用する案とともに「無理だ」と断じたという。
 ホワイトビーチ沖案に関し、平野長官は15日午前の記者会見で、「過去にいろんなケースがあるという話題の中のひとこま。そういう案をやっているという話をしたわけではない」と説明した。政府はキャンプ・シュワブ陸上部(名護市など)への移設案を軸に検討している。 

【関連ニュース】
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
政府の普天間対応批判=自民・谷垣氏
普天間、県内移設反対を決議=民主県連
普天間「5月決着」に悲観も=半ば本音の継続使用論
普天間移設「百点満点はない」=地元、米国とは水面下で調整

<直木賞選考委>平岩さんと五木さんが退任(毎日新聞)
スカイマーク安全監査へ、高度ミスなど続発(読売新聞)
<鳩山首相>公邸入居費用に点検・清掃費281万円含まれず(毎日新聞)
中国の秘草が翌朝のキレイをお約束! アンチエイジング・ドリンク「仙鼎 輝麗」
決算と政投銀融資検証=民主PT、日航問題で初会合(時事通信)

交通事故 軽ライトバンが電柱衝突 3人死傷 三重・松阪(毎日新聞)

 9日午前0時5分ごろ、三重県松阪市船江町の国道42号で、14〜16歳の男女3人が乗った軽ライトバンが国道脇の電柱に衝突、ひっくり返って大破した。車外に放り出された同市郷津町の塗装工の少年(16)が頭などを強く打って間もなく死亡。同市立中2年の女子生徒(14)が全身打撲で意識不明の重体、市内の無職少女(16)も頭などに重傷。

 県警松阪署の調べでは、現場は片側2車線の直線で、車は対向車線側の電柱に衝突したとみられる。3人は遊び仲間で、車は共通の知人から借りたらしい。3人はいずれも無免許で、誰が運転していたかや詳しい事故原因について調べている。【田中功一】

【関連ニュース】
酒気帯び運転:三重県職員の懲戒免職取り消し確定 最高裁
衝突事故:デイサービス利用者ら6人けが 岐阜・海津
トラック衝突:運転手2人死亡 岐阜・下呂
酒気帯び容疑:自称音楽家を逮捕 栃木県警
パトカー事故:追跡中に高2女子はねる 大阪・岸和田

中高一貫校で35人が結核に集団感染―東京都(医療介護CBニュース)
宮内庁発表にヤンキー先生激高「あまりに信じられない」(スポーツ報知)
<原口総務相>ツイッターで津波情報発信(毎日新聞)
<遭難>スノボの3人 新潟のスキー場(毎日新聞)
政治家の監督責任強化に意欲=規正法、今国会で改正−鳩山首相(時事通信)

しだれ梅 700本が歩道を包み 名古屋(毎日新聞)

 名古屋市天白区の市農業センターで名物のしだれ梅が満開となり、訪れた人々の目を楽しませている。

【写真特集】見ごろを迎えた紅白の梅 〜毎日植物園・春

 12種類約700本が白、ピンク、紅色の花々を歩道を包み込むように咲かせている。咲き始めは2月20日ごろと、昨年より10日ほど遅かったが、ここ数日は暖かい日が多く、中心品種の「呉服枝垂(くれはしだれ)」などが特に奇麗に咲きそろったという。見ごろは10日ごろまで。

 入場無料だが、駐車場は14日まで有料(普通車300円)。問い合わせは同センター(052・801・5221)へ。【宮島寛】

【関連ニュース】
【さくら情報】全国の桜の風景はこちらから
<写真特集>全日空:女性の副操縦士や整備士らでひなまつりフライト
<写真特集>日本航空:女性スタッフで「ひなまつりフライト」運航
<写真特集>毎日動物園 〜かわいい動物の写真が満載

ヤンキー先生、北教組の「ひどい実態」暴露(産経新聞)
介護人材の確保策など説明―社会・援護局(医療介護CBニュース)
高2死亡で男子生徒書類送検=アーチェリー練習、矢刺さる−重過失致死容疑・警視庁(時事通信)
予算案、衆院委が可決…年度内成立へ(読売新聞)
予算案、今夜衆院通過へ=委員会で可決(時事通信)

地域主権戦略会議 大阪・橋下知事が改革案を提示「都市間競争の時代」(産経新聞)

 政府は3日午後、地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)の第2回会合を首相官邸で開いた。国の出先機関の原則廃止をはじめ、国が法令で自治体の仕事を縛る「義務付け」の見直しや、自治体が自由に使える「一括交付金」の導入などの改革案について意見交換。地域主権実現に向け、今夏をめどに策定する地域主権戦略大綱(仮称)に盛り込む本格的な作業をスタートさせた。

 大阪府の橋下徹知事は「国よりも都市間競争の時代に突入する。広域行政に成長力を持たせるべき」などと主張。国の形を中央と広域行政体、基礎自治体の3構造に分け、地方政府を設置する構想や地方公務員改革などを提案した。

 鳩山首相は冒頭、「(地域主権実現への工程を示した)原口プランに実行力を持たせ、国と地方のあり方を抜本的に変えていく会議としたい」などとあいさつした。

 地方に影響を及ぼす国の政策について閣僚と自治体代表者が話し合う「国と地方の協議の場」を設置する法案と、義務付け・枠付けの見直しなどの2法案を了承した。

 今後の予定として、3月中にも義務付けと地方への権限移譲に関する集中審議を開始することで合意。同時に、地方の裁量権を拡大する一括交付金の制度化に向けた検討や国の出先機関改革の審議も順次進めていくことを確認した。

 意見交換では、橋下知事は「(民主党の)国の形の最終ゴールが見えない。基礎自治体、広域行政体はどういう組織にすればいいのか分からない」などと指摘した。

 また、会議で出先機関改革を担当する北川正恭早稲田大院教授は「膨大な事務が地方に義務付けされている。各省の反発は予想され、改革には相当の覚悟がいる」と話した。

【関連記事】
橋下知事、あらためて大阪府市統合を主張 府議会定例会が開会
橋下知事、中国総領事館の移転「一歩進んだ」
地方に課税・立法権 橋下知事、地方政府法私案を提示
地域主権改革、今年から本格化 省庁の抵抗は必至
橋下知事「鳩山首相の思い感じた」 地域主権戦略会議
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

予算案が衆院通過=年度内成立へ−「政治とカネ」、なお焦点(時事通信)
<黒澤明財団>また寄付不明 建設20社の三千数百万円(毎日新聞)
日本薬剤師会、児玉会長を再選(医療介護CBニュース)
首相動静(3月2日)(時事通信)
暴力団勢力、2.1%減=覚せい剤、詐欺の摘発増加−警察庁(時事通信)

故橋本九段を「語らう会」(産経新聞)

 昨年12月に現役のまま74歳で死去した囲碁の元関西棋院理事長、橋本昌二九段を「語らう会」が27日、大阪市内で行われ、実行委員の清原武彦産経新聞社会長や井山裕太名人ら棋士、ファンら約250人が出席した。同院理事長の塩川正十郎元財務相が「棋士として関西棋院の基礎を作り、理事長として発展に貢献された。囲碁に注がれたその心魂を受け継がなくてはいけない」とあいさつした。

連合会長「極めて残念」 北教組の不正資金提供で真相究明を要求(産経新聞)
<放火>油まいた男が焼死 京都・知人の夫婦重傷(毎日新聞)
甦る往年の名テナー・永田絃次郎 (産経新聞)
<津波>足止めフェリー、未明に220人下船 八戸と苫小牧(毎日新聞)
皇太子さま アフリカ2カ国訪問を前に会見(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。